ステンレス30インチシャフト
ステンレス30インチシャフト
モーターガイドF、EF、FW各シリーズ対応 オリジナルステンレスショートシャフトシリーズ!

純正品には存在しないフットコン用超ショートシャフト
今まで実現できなかったFWシリーズなどのショートチューンが可能!

 

SUS304を使用したオールステンレスの専用シャフト!

ツアーエディション以外のほとんどのモーターガイドフットコンへ対応!

レンタル艇、ジョン、パントに特化したオリジナルショートシャフト!

 

ツアーエディションシリーズやミンコタ全機種の場合、その構造から自由な位置でシャフトカットを行うことでより使い易いように改造を行うことが可能でしたが、それ以外の一般機種の場合はシャフト構造がネックとなってカットすることでシャフトを短く改造し、快適に使用するための改造を行うことができませんでした。

 

もともとモーターガイドの場合はフットコンでは36インチまでが一番短いシャフトとして設定されておりますが、多くのお客様からの熱い要望からこれよりさらに短い30、33インチのシャフトを製作、販売することとなりました。

 

30インチとなると使用できるボートの種類もある程度限定されますがレンタル艇、ジョンボート、パントなどであれば充分な長さになるのではないでしょうか。

 

30インチ シャフト代 8300円

33インチ シャフト代 8900円

36インチ シャフト代 9300円

+シャフト換装作業工賃 12500円であなたのモーターガイドは専用モデルへ変化します。

写真左より ・純正42” ・純正36”(ステンレス) ・純正36”(アルミ) ・特製30”(ステンレス)
写真左より

・純正42”

・純正36”(ステンレス)

・純正36”(アルミ)

・特製30”(ステンレス)

 

なぜシャフトを短くするのか?

 

ここでおさらいなのですが、利点として、

  1. エレキのヘッド位置が下げることができるのでサイドキャスト時などの際、全く邪魔にならなくなる。
  2. シャフトが短くなった分、モーターを水面直下まで上げる事ができるのでエレキのみの移動時の速度アップ、燃費の向上が期待できる。
  3. 車へ積み込む際や自宅での保管時にかさばらない。(←実はこれが結構大きな利点です)

などがあげられます。特に2の件、皆さん一度ご自分のエレキのセッティングを確認してみて頂きたいのですが、不必要にモーター部が水中深くに入っている方を多く見ます。こうなるとシャローでの底擦り、障害物へヒットしてのシャフト曲がり、移動速度と燃費の低下など、いいことは全くない状態です。

 

私どもへご依頼があるツアーエディションなどのシャフトカットの場合、ほとんどのお客様がレンタルボートへバウデッキを取り付けて、という仕様での方です。これらのお客様はほぼ全員が30インチへの改造をご希望されております。

 

これまで通常機種であるSFステルス、Fパワープラス、EFエナジー、FWフレッシュウォーター、ブルート、マグナム各シリーズをご使用になられる方でも、これからはこのシャフトで30インチへ改造することができるようになります。

特に関東方面へ多いリザーバーでのレンタル艇でオーバーハングの下へスキッピングをする方、ジョンボートやパントでシャロー攻めをする方、今までサイドキャストでエレキのヘッドを打ってしまってロッドを破損したことのある方など、自信を持ってお奨めできる改造です。

 

もちろんボートの種類などによっては30インチでは対応できないこともありますので事前にご自身の使用環境を考えてシャフト交換をご検討ください。Vハルアルミ、レンタルでも和船タイプなどの場合は不可ですし、釣り場によっては波風がたつところではシャフトが短い分、モーターが水中から飛び出てしまって使いものにならなくなってしまう可能性もありますので、ご自身の使用環境、ボートの種類、よく行く釣り場をご考慮に入れ、30インチの有用性が最大限に発揮できるかどうかを見極めてください。

私の使用品です。奥からEF54V 36”、ブルート756V改 36”
そして一番手前、今回の30インチシャフトをつけたサンプル
これだけシャフト長さの違いがあります。

2003年モデルももちろん対応!2003年モデルももちろん対応!

TR82V&FW54Vともに30インチへ施行。

TR82V&FW54Vともに30インチへ施行。

向かって右のエレキはF43の36インチシャフトです。
向かって左が今回の30インチシャフトを使用したエレキ。
ヘッド1個分くらい違いがでてきます。

 

修理依頼、見積希望などのお問合せはこちら(無料)

 

お客様の声

愛知県 浅野様 モーターガイドF52V
42インチ→シャフト換装後 30インチ

 

今回改造していただいたエレキにつての簡単なインプレをさせて頂きます。

 

僕の船はジョンの12fモデルで簡単なバウデッキにフットエレキを装着するだけのごく一般的なモノです。週末にダム湖に出撃する事が多い自分にとってはカートップできてセッティング等の簡易さなど、いろいろな面で自分の環境に対して無理なく所有でき、とても気に入っています。しかしながら一点のみ不満というか諦めていた点がありました。

 

それは「エレキ長」です。Vハルタイプにはジャストサイズであるエレキも自分のようなジョンタイプには持て余してしまう..簡単に言えばすごく邪魔でキャストの障害になっていました。オーバーヘッドキャストだけなら問題ないんですがサイドハンドやスキッピングをやるのにはボートポジションやキャストに少々コツを要するのが実情でした。正直な話し、この点につては宿命..みたいな感じで諦めておりましたが、偶然バス関連のHPでエレキの修理改造をされたという書込みを見ました。そしてその情報をもとに検索してHPを発見し熟読した上でお世話になる事を決めました。まずはメールでのやり取りで希望と現実の摺り合わせをしていき、最終的には自分の釣りのスタイルにマッチした改造仕様を提案して頂きました。

 

今回は30インチシャフトにシャフトカバーカットで超ショートのスペシャルバージョンで決定した上で梱包発送しました。工期は1日との事であっと言う間に返送されてきたエレキをみてビックリ!!可愛い(笑)自分のクルマはバモスなんですが荷台スペースに横向きで入る!!軽い!!限られた収納スペースを有効利用できるようになり、それに比例し乗員の快適性も格段にアップしました。今までは後席を倒して収納スペースを確保していたのが倒さなくて済む様になったのだから当然ですよね。これは嬉しい誤算でした。さて本題の実釣リポートなんですが大きな変化がありました。まず船の安定性が増したしスピードが上がったような気がしました。そしてなにより一番大きな要素は..キャストが格段に楽!!これは本当に嬉しかった。サイドハンドやスキッピングが面白いように決まるから今まで諦めたり苦労して入れていたポイントにルアーが簡単に打てるのは気持ちの良いものです。あとはシャローに楽々のぼっていける点も見のがせません。今までは片手に竿、もう片方は底にエレキが擦らないように本体をコードで持ち上げながら進んでいたんですが今回の改良でそんな煩わしさから解放される事になりました。

 

ダムのスーパーシャローエリアはそのダムに釣り人が多くハイプレッシャーの場合に爆発する可能性があるポイントなんでボートの機動性が大きな要因となりますよね。今回の釣行で改良した恩恵をフルで体感する事ができました。シャローに上がる僕の船に最後までついて来れる船はいなく、みな途中で諦めていました。結果的に僕はパラダイス?を発見し、そこで50アップを含む大漁釣果を上げる事ができ、非常に満足のいく楽しい週末を満喫する事ができました。

 

長くなりましたが最後にまとめとしての感想を書いておきます。単純にエレキが短くなっただけなんですけど恩恵は非常に多大であり、そのメリットは多岐に及びます。馬力を上げたり、無段階仕様にするなどといった物理的な事より、今の自分に何が必要か?というような本質的な事にこそ改良の意味があるのかもしれません。そして今回お願いした改良は自分の釣りのスタイルには最適な改良であったと思っています。どうもありがとうございました。

ジョンにセッティングした様子です。マウントで掴んでいる位置とモーター部の位置を確認することが出来ると思います。

ヘッドをここまで下げることができるようになります。当然キャストの際に邪魔になるようなことも極端に少なくなりますし、ストレスなく 釣りを続けることが可能になります。結果、より多くの魚をキャッチすることが可能になるわけです。

 

浅野様ありがとうございました

 

私どもが以前より提案してきておりました「必要最低限の長さのシャフト」の有用性の全てを体感して頂けたようで、私どもとしても大変うれしい限りです。少し前までは、エレキのシャフトは「大は小を兼ねる」的な観点から悩んだら42インチにしておけば?みたいな風潮がありましたが、これからは「自分の行くフィールド」「自分のボート」「自分のフィッシングスタイル」をトータルしてシャフトの長さを考える時代に突入していることは間違いありません。これからも末永くご使用なさって下さい。

 

シャフト交換作業は約1日エレキをお預かりすることになります。
シャフトパーツ費用 30インチ 8,300円、33インチ 8,900円、36インチ 9,300円
シャフト換装作業工賃 12,500円で施行致します。
別途オプションとしてアウターチューブカット費用3,000円(42インチからの改造では必須)

 

発 注 方 法

メールにてご連絡ください、その際必ず

  • エレキの機種名(例:ブルート767 5段変速)
  • 現状のシャフト長(例:42インチ)
  • 使用予定のボートの種類(例:シーニンフジョン)
  • お客様のお名前、お所、電話番号

を入力の上、下記よりメールにてお問合せください。

 

修理依頼、見積希望などのお問合せはこちら(無料)

 

皆様からのご注文、心よりお待ちしております。

Copyright© 2010 EREKI NO SHURIYASAN All Rights Reserved.